会議室

貸会議室をレンタルして新入社員面接をするメリットは?

企業や会社の中に面接に向いた会議室スペースがない場合には貸会議室を使う方法があります。特に新卒の学生を採用する場合の面接時期は集中しています。それ以外の時期には使わないのでスペースが無駄になります。必要なときにだけ貸会議室を手配するほうがコスト負担の削減になります。今回は【貸会議室をレンタルして新入社員面接をするメリット】について迫ります。

貸会議室は立地条件が良いので面接に来てもらいやすい

浜松駅前

貸会議室が多くあるのは都市部のターミナル駅の周辺です。場所がわかりやすいところにありますから、交通のアクセスも良いです。道に迷うこともなく面接会場に向かうことが可能です。

面接に来られる人は地元の人だけとは限りません。地方や遠方から面接に来られる人もいます。都会になれていない人にとっては不慣れな場所ですから、地図アプリがあっても迷うことも珍しくありません。ロケーションがわかりやすい場所での面接ならば会場まで行く負担も少ないです。

自社の会議室があってもアクセスが悪いと面接に申し込んでくれません。また、大切な面接に集中できなくなってしまうこともあります。迷った場合は、バタバタとして時間に追われてしまいます。落ち着いて自分の力を発揮できなくなると困ります。立地条件が良いと時間にも余裕ができます。精神的な余裕を持って面接を受けることができます。

面接会場周辺の地域環境も貸会議室ならば便利!

レストラン

貸会議室は都市部の中心地にあり好立地。周辺の環境もしっかりと整備されています。食事をするレストランや食堂・コンビニエンスストア・ビジネスホテルなど、面接に来られる人達のニーズを満足してくれます。特に不便を感じることもないでしょう。

気分転換に外出してリフレッシュすることもできます。地方都市や遠方から面接に来られる人の場合は宿泊しなければならないこともあります。貸会議室の面接会場ならば、近場のビジネスホテルを手配すればいいです。自社のロケーションが悪ければホテルの手配もあちらこちら探さなければなりません。

レイアウトも自由にできるし、毎年の予約も可能

ガラスで区切られた会議室

貸会議室ならば、面接スタイルに応じて、最適な空間にセッティグしてもらえます。1次面接・2次面接など段階に応じてレイアウトを変更してもらえばいいのです。

また、貸会議室提供業者によっても違いますが1年間から予約を受け付けているところが多いです。企業や会社などは毎年定期的に採用しているので、来年の採用面接の日程を早期に決めておけば場所の確保も確実です。

気に入った貸会議室があれば、毎年の契約にしておけば、他の会社や企業に予約されてしまって会場の手配ができないこともなくなります。人気の場所の貸会議室で設備が整っているところは競争率も高いです。それほど今は、貸会議室のニーズが高まってきています。面接会場として貸会議室を使う場合は来年の予約もできるところを選ぶことをおすすめします。

最近の開始会議室は、サービス・オプション・設備も充実しています。業者によっては専属のコンシェルジュが面接のサポートをしてくれますので、面接を実施する主催者も、新規採用面接に集中できます。貸会議室で面接をする場合には、このようなメリットがたくさんあります。予算に応じて気軽に使ってみましょう。

企業が面接をする場合の悩みとその解消として貸会議室のニーズが生まれてきた

コーヒーカウンターの付いた会議室

面接する場合の悩みとしては次のような項目があります。

  • ・会議室の部屋が不足している(会議室を持っていない)
  • ・面接の際の待機場所として使えるスペースがない
  • ・面接希望者が多すぎて社外で一括して面接したい
  • ・会社の中に面接する空間がないので外部施設を使いたい
  • ・入社シーズンは1日に数十人の面接をしなければならない
  • ・一時的に面接用の会議室を外部で確保したい

こういった悩みを解消するのが貸会議室です。有効活用できるのでニーズは毎年拡大しています。

では貸会議室を使って面接会場とするとどんな良いことがあるのかを整理しておきましょう。

(1)広い空間を確保できる

自社の会議室などのスペースで十分に採用面接ができればいいですが、スペースが足りなければ対応できません。貸会議室の場合はスペースの種類が豊富になりますので、希望する広さが選べます。

面接をどのようにするかでも空間の選び方は違います。広い空間で面接室を多く設置して一度のたくさん面接したい場合もあります。また、面接官が限定していて、個別に独立した面接室が欲しい場合もあります。面接をする方法によってたくさんの空間があるのが貸会議室です。それぞれ実施される面接の段階もあるので、望ましい部屋を選べるのはとても便利です。

(2)面接する部屋の数を増やすことができる

一度にたくさんの面接希望者を面接したいニーズは多いですが、そうなると自社でひとつひとつ独立した部屋を用意することは簡単ではありません。面接をするフロアが別れていると面接がスムーズに進みません。

貸会議室の場合は広い空間でシステムパネルを使って面接室を多く設置できます。一度に10室以上の面接室を作ることも可能です。面接室を同じスペースで設置できますから、運営はとてもスムーズにできます。また面接の進行状況も把握できやすいです。

(3)面接スタイルに応じた空間作りができる

面接に来られた人たちの待機場所として待合い室を準備することもできます。同じ施設の中で面接する場所と待合い室の部屋をレンタルできますから導線もスムーズになります。ひと昔の面接といいますと、面接者が面接室の廊下に並べられた椅子に着席して待機するスタイルでした。

しかし、貸会議室ならば、別に会議室を借りることができます。待合い室専用の待機場所が確保できますし、印象もよくなります。面接に来た人たちも落ち着いて面接まで待機することが可能です。

(4)自社の印象を良いイメージにできる

面接希望者と会社が初めて顔合わせをする場所が面接になります。相互に印象を確認する目的もありますから、第一印象は環境や雰囲気も影響があります。貸会議室を利用した場合は、自社の印象を良くすることもできます。面接室の空間は静かで明るく清潔な環境が良いですし、貸会議室はそれを満足させてくれます。

面接に来た入社希望者にとって、そのような心地良い環境は好印象に繋がります。室内の設備・衛生面のメンテナンスが行き届いている貸会議室は理想的ですね。自社でメンテンナンスをする手間も不要です。遮音性も高い部屋が多く雑音も気になりません。主要駅やビジネス街にある貸会議室ならば周辺環境もざわついていませんし、面接に適した落ちついた環境になります。

(5)交通のアクセスが便利です

立地が良くて交通の便が良い面接会場ならば、たくさんの面接者が来てもらえる可能性が高まります。貸会議室は主要駅やビジネス街に多数あります。面接に来られるのは地元だけでなく、全国から訪問されます。交通のアクセスの良さは迷うこともありませんし、行き帰りも便利です。

まとめ

会議室のテーブルに置かれたサボテン

貸会議室をレンタルして新入社員面接をするメリットをご紹介しました。企業や会社としては、できるだけ固定費用を削減したいと考えています。最近は会議室そのものがないところも増えています。部門別の会議ならば、Slackやチャットワーク・ラインワークスなどを使うようになっています。

年次会議とか新入社員面接など必要に応じて貸会議室を使うビジネスがスタンダードになっているのです。貸会議室を利用すれば充実した設備がありますし、第三者の目線に立った視点から面接会場を準備することができます。